肌がひどく荒れていた二十代

私は二十代半ばに一度ひどく肌が荒れていた時期があり、その時にできたシミやくすみ、黒ずみなどがずっと肌に残ったままです。

そのためそれ以前はスッピンでも外出することができていたのに、それ以来絶対にスッピンでは人前に出ることができません。肌にあるシミや黒ずみをメイクで隠してからじゃないと自分でも落ち着きません。

そしてその二十代半ばに肌が荒れた原因というのは、それまでの不摂生な食生活が祟ったのだと思います。大人になり自分で料理を作るようになるとどうしても好きなものばかり作ってしまい、栄養バランスなどあまり考えずに食事をしていたため、その不摂生が積もりに積もって二十代半ばで肌トラブルになって出てきたのだと思います。

ただもちろん当時はまさかそんな肌トラブルが起こるとは思ってもおらず、正しい食生活など気にしたこともありませんでした。そうして肌トラブルが起こってみて初めて食生活の大切さがわかったのでした。

でも肌が荒れてシミやくすみができてから気づいてみても遅く、今ではなぜもっとバランスの良い食生活をしていかなかったんだと思いっきり後悔しています。そのせいで素肌にまったく自信が持てなくなってしまったのですから、やはりバランスよく食べるということは本当に大切です。

今ではもちろん二度と肌トラブルが起こらないよう、栄養バランスをちゃんと考えた食事を規則正しく食べています。すると肌のほうもそれに答えてくれて、ニキビや吹き出物に悩まされることも少なくなりました。でもシミやくすみは相変わらず残ったままです。

なのでそういった肌トラブルの名残もちゃんと対策をしていきたいなと思い、シミやくすみのケアに現在は力を入れています。定期的にパックを行ったり、毎日保湿を欠かさずにして、シミくすみ対策用の基礎化粧品を使って、少しでも素肌に自身を取り戻していきたいものです。もちろんもとのキレイな肌の状態に戻すのはムリだと思いますが、それに近い状態にまで戻せればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>