ニキビ治療に一番大切なのはニキビを作らないこと。そのために役立つのは漢方薬。

ニキビ治療で一番大切なことはニキビを作らないことです。それが出来ないから沢山ニキビが出来ているのだ、と思う方も居るでしょうが、ニキビがどんどんできてくるということは、身体の中のバランスが崩れている証拠なのです。まず一番にやらなければいけないのは、生活習慣を見直すことです。

出来てしまったニキビに塗り薬を塗っても放置していても、治るスピードはそんなに変わりません。それよりもホルモンバランスを正すことの方がニキビ治療には効果的で、しかもニキビを作らないように出来るのです。つまりニキビ治療には作らないことが一番と言う理由はこれなのです。ホルモンバランスを整え免疫力を上げることが一番やらなければいけないことなのです。

ニキビを根本的に作らないようにするためには、漢方薬がお勧めです。昔から「お肌は内臓の鏡」と言われるくらい、お肌と内臓には深い関係があるのです。寝不足や体調不良でお肌の調子が悪くなるのも、内臓が疲れて状態が悪くなるからです。

漢方薬は、身体のバランスをとり自己治癒能力を高めてくれる薬です。肌本来の力を取り戻してくれることで、漢方薬を使用すると薬を止めても再発しにくい身体を作ることが出来ます。

漢方薬は聞き始めるのに時間がかかると思われがちですが、ニキビに対しては早ければ2週間から遅い人でも1か月程度で効果が表れてきます。そして繰り返しニキビが発生することも抑えてくれるわけですから、一時的な効果の塗り薬と使用するよりはずっとメリットが多いのです。

ニキビの予防や治療に使われる漢方薬には、当帰芍薬散、加味逍遥散、桂皮茯苓丸、荊芥連翹湯、清上防風湯、十味敗毒湯などがあります。病院で処方してもらうときには体質に合わせて選ぶため、同じニキビの治療でも人によって選ぶ漢方薬は違うのです。また病院であれば健康保険も適用されますので、それほど高額なものではありません。専門家に任せて漢方薬でニキビの出来ない体内環境を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>